イタリアの本部神学校でのクリスマスの様子を紹介します。今年は会の歴史上初めて、フィレンツェの市内にあるフィレンツェ大司教区のサンティ・ミケーレ・エ・ガエタノ教会で深夜ミサを祝いました。(年間を通して、毎日曜日に当会司祭がこの教会で、ミサを挙行しています。)

 2013年11月17日に、当宣教会の米国管区本部のあるシカゴの、王たるキリスト聖堂で、シカゴ大司教区の補佐司教である、ペリー司教により、3人の成人に、堅信の秘蹟が授けられました。 

この日のシカゴの天候は大荒れだったのですが、堅信式はとても穏やかな雰囲気のうちに、もたれました。

 秋恒例のオリーブの収穫。約一週間にわたり、神学生達は毎日オリーブの収穫に励みます。

 トスカナ地方の自然の中で、心身を鍛える大切な機会です。